トップページわたしたちについて > 日本アライアンス教団

わたしたちについて About us

日本アライアンス教会

アライアンス教団ホームページ http://www.geocities.jp/jac_hij/page-2_kyouku.htm

日本アライアンス教団沿革・憲法(アライアンス教団ホームページより)

神は、基督紀元1889年(明治22年)、米国にA・B・シンプソン博土を通じて、
クリスチャン・アンド・ミショナリ・アライアンスを起し、次いで1895年(明治28年)、
同団体により日本伝道を開始したもうた。以来広島を中心に中国・四国・関西・関東の各地に、
教会が設立されるに至った。1941年(昭和16年)、日本にあった各教派が、
日本基督教団設立にあたりこれに参加したが、終戦後、元アライアンス教団所属及ぴ同信の教会牧師が、
本団体独自の使命の重要なることを感じ、ここに1949年(昭和24年)8月8日に宣教を開始し、
この教団を再開した。

第1条
この教団は、主イエス・キリストを主と仰ぐ公同教会で、教憲規則の定めるところに遵って、その使命を達成することを本旨とする。
第2条
この教団は、旧新約聖書を神より与えられた、救いに関する唯一の書、又は信仰生括の謬りなき基準の書と信じ、使徒信経を告白する。即ち、
  1. 1.父と子と聖霊なる三位一体の神を信ずる。
  2. 2.主イエス・キリストの代償的死による完き贖罪を信ずる。
  3. 3.主イエス・キリストを信ずる者の永還の救いと、彼を信じないものの永遠の刑罰を信ずる。
  4. 4.主イエス・キリストを救主・潔め主、癒し主、再び来りたもう主と崇め、信ずる。
  5. 5.聖書の原典は、神の黙示によって逐語的に与えられたものであると信ずる。
第3条
この教団の特殊なる主張は、真理の本体にいましたもう主イエス・キリスト御自身は即ち
  1. 1.我らの救い主
  2. 2.我らの潔め主
  3. 3.我らの癒し主
  4. 4.我らの再臨の主
にいましたもう。
第4条
この教団の目的は下の如くである。
  1. 1.すベての基督者にキリストの盈満、即ちその満ち足れる御徳、無限の恩恵、完成せられた贖罪を知らせて、 各自の備えを完うさせ、教会の栄光である携挙にあずからせるためである。
  2. 2.我らの主イエス・キリストの御再臨をすみやかにするために、この満ち足れる福音を普 (凡ての人に宣べ伝えて、教会を建てることである。)
第5条
この教団は教憲規則の定めるところによって、会議制でその政治を行なう。
第6条
この教団は年会を最高機関とする。この教団の教務は、年会で選挙せられた理1事による理事会が、年会の決議並びに教憲規則の定めるところに従って掌理する。
第7条
この教団に属する教会は、第2条から第4条までにある信仰の要領を奉ずる者の団体で、教会総会をその最高政治機関とする。
第8条
教会は日曜日毎に礼拝を守り、随時、聖礼典を執行する。礼拝は、讃美、聖書朗読、祈祷、説教、及び献金等とする。聖礼典はバプテスマ及び聖餐とする。 バプテスマは浸礼を原則とし、幼児バプテスマは行なわない。聖餐に用いるパンと葡萄酒は、主の御肉、御血を記念する。聖礼典は按手を領した教師が司る。
第9条
この教団は神の召命を受けて、献身したものを教師とする。教師はこれを分けて、教職と教職補とする。 教職は按手礼を領した者、教職補はその准允を受けたものとする。
第10条
この教団の信徒は、第2条の信仰を告白してパプテスマを領L、教会の教籍に加えられた者とする。
第11条
この教憲を施行するに必要な規程は、規則で定める。この規則は年会で定める。
補足
第12条
この教憲は年会開会の3カ月前に議案を公表して、年会議定数の3分の2以上出席した年会で、3分の2以上の同意を得なければ変更することは出来ない。

日本全国のアライアンス教団の教会
www.geocities.jp/jac_hij/