わたしたちについて About us

わたしたちの信仰

我は、信ず。

 「使徒信条」は、聖書に記されている神の救いのみわざを要約して言い表したものです。代々、キリスト教会はこの信仰を告白し続けて来ました。
 信仰は、人々が銘々勝手なことを言うものではなく、受けたものであり、すべてのキリスト教会の信徒が信仰について異口同音に同じ内容のことを語ります。
 神様は、私たち一人ひとりに目を注いで助けてくださいます。そして、神様は、一人ひとりが直接、神に応答し、同じ神を信ずる一つの民として、神を主として見続けて欲しいと思っています。
 信仰は、私たちの内側から生まれてくるものではなく、神様の側から来るものです。それにはまず「聞く」ことから始まり、「聞くことは(イエス)・キリストの言葉による」(※聞いて従うことを意味する)のです。
 わたしたちの信仰は、イエス・キリストの十字架上の死と復活によって支えられています。言い換えると、イエス・キリストが私たちの罪のために死んで葬られ、復活したということを受け容れることによって、私たちは死ぬことなく(※肉体の死のことではなく魂の死)、永遠の命を与えられ、罪の中から救われるということを確信できるのです。
 聖書の中では、主イエスが復活したことを疑い、戸惑っていたトマスに対して、主イエスは十字架上で受けた傷を自ら示し、信じることをお求めになりました。(ヨハネによる福音書第20章24-28節)「私を見たから信じたのか。見ないのに信じる人は幸いである。」とおっしゃいました。そして、永遠の命は信じることの中にあると教えられました。

次へ

主への祈り

前任牧師 大江妙子氏 作成