トップページキリスト教QandA教会生活編 > Q1:洗礼の意味と意義

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

教会生活編

Q1:洗礼の意味と意義

イエスさまを信じました。洗礼を受けることを勧められていますが、儀式ばったことに抵抗感があります。洗礼は、どうしても受けなければならないものでしょうか。

 ぜひ受けてください。洗礼を受けることには3つの意味があるからです。第1に、自分のためです。私たちの信仰なんてあやふやなもので、長い人生の間には、「信仰は一時の感情だった」などという状態になってしまうかもしれません。しかしその後で、また信仰に立ち返る人がいます。結婚生活、子育て、失業、病気、どんなことが長い人生に起こってくるかわかりません。だから、「あの時には本気だった」という原点をしっかり確立しておく、それが洗礼です。
 第2に、「あかし」のためです。洗礼を受けずにクリスチャンであることを証明することは難しいことですが、「洗礼を受けました」と言えば、だれでもクリスチャンだと認めてくれます。
 私は信仰を持ったとき、高校2年生でした。イエスさまを信じる決心をした翌日のことです。学校に言って英語の教師で堀田先生という、クリスチャンではないのですが、その先生に、「クリスチャンになりました」と報告したものです。すると堀田先生、「洗礼を受けたんか」と聞きます。「いいえ、まだです」と言うと、「洗礼も受けていないのはクリスチャンとは認められん」と言うじゃないですか。そこで<洗礼を受ける>ことになったのです。攻撃は最良の防御なり、と言われます。誘惑に勝つためには、まずクリスチャンであるという旗印を掲げることです。
 第3に、これはイエスさまのご命令です(マタイの福音書28章19節)。洗礼を受ければ、イエスさまがあなたを弟子と認めてくださるのです。イエスさまのために働き、イエスさまと共に生きることは、なんと素晴らしいことでしょうか。

↑PAGE TOP