トップページキリスト教QandA教会生活編 > Q10:献金は義務か

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

教会生活編

Q10:献金は義務か

 教会では十分の一献金を強調しますが、これは義務でしょうか。しないと、生活が祝福されないのでしょうか。私は現在、経済的にとても大変な中にいるのですが。

 イザヤ・ベンダサンの日本人論を面白く読みました。その中で彼は、「クリスチャンは甘えている」と言います。
 「今月献金が納められないなら来月納めよう」と考えるのがクリスチャンなのだそうです。ユダヤ人は今月納められなければならないものは、他人から借金してでも献金してその借金の方を翌月返すのだそうです。なぜなら、神様は無担保で私たちに人生という資本を貸してくださったのだから、その利息はきちんと支払わなければならない、と述べています。
 献金することは義務だと思います。しかし、それが「十分の一」かというと、私はそうは思いません。もっと多くても(もっと少ないケースがあっても)、かまいません。要は「心で決めた」(コリント人への手紙第2、9章7節)金額を守ることです。だれにも強制されずに、主イエスを愛する心で決めてください。
 経済的に大変だとのこと、ご同情いたします。しかし、いくらの金額があれば喜んで献金できると思いますか。たくさん与えられたから献金できるというものではありません。また、給料から税金とか共済費とかが天引きされています。そのために生活ができなくなったということは聞きません。献金も天引きされたつもりで最初にとってしまうのも1つの方法です。工夫してみてください。
 献金したから祝福される、というものではありません。献金してもしなくても神さまは祝福してくださいます(マタイによる福音書5章45節)。献金は祝福してもらっていることに対する、感謝の表れとしてするものなのです。

↑PAGE TOP