トップページキリスト教QandA教会生活編 > Q16:代表の祈りがイヤ

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

教会生活編

Q16:代表の祈りがイヤ

 礼拝や祈祷会などで、みんなの前で代表してお祈りするのがイヤです。当てられるのではないかと思うと、時々集会出席が重荷になります。

 あれはいやなものです。しかし、だれかがお祈りしないと会が進行しないのですから、あきらめて協力してください。
 建前としては、お祈りは神様に向かっていう言葉で人に聞かせるものではないのですから、気楽にどうぞ、といいます。しかし、いつ終わったのか分からないような小さな声で祈ったり、あがってしまって「主の御名によって」というのを忘れたり、お祈りの言葉が途中で詰まってしまったときの時間の長いことなどなど。「司会者は、どうぞちゃんとお祈りのできる人を指名してください」と、周りで聞いている人が心の中でお祈りし始めるようでも困ります。
 いちばんはっきりするのは、司会者に前もって「お祈りを当てないでください」と申し出ておくことです。順番に回ってくるのなら、隣の人に「駄目なんです」と伝えておきます。でもいつまでも「駄目です。できません」では通用しません。あなたも信仰生活が長くなればそれなりに、先輩としての責任がでてくるのですから。
 ですから悪く言えば<お祈りに慣れる>、良く言えば<お祈りを学ぶ>必要があります。それは、司会者と前もって打ち合わせをして、どこで何について祈るのか聞いて準備することです。お祈りの言葉を書きましょう。そしてそれを読みます。書いて読む、これは決して恥ずかしいことでもなく、間違ったことでもありません。特に、献金の感謝のお祈りとか、開会のお祈りだとかは先輩の信徒、役員の方などに聞いて前もって準備しておくのが正しい信仰の姿勢だと思います。
 最近では、お祈りの本がたくさん出版されています。参考になるでしょう。

↑PAGE TOP