トップページキリスト教QandA日常生活編 > Q22:別離の寂しさ

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

日常生活編

Q22:別離の寂しさ

つい最近、肉親が召されました。天国に行ったことはわかっているのですが、心情的には寂しくて仕方がありません。涙を流さない日はありません。こんな思いがするのは、私が霊的ではないからでしょうか。

人生には、卒業、進学、就職、転勤、結婚と、<別れ>が満ちています。その中でもいちばん大きな<別れ>は「死」でしょう。小さな別れにも涙を流し、寂しさを感じてきた私たちに、「死」だけは別だよ、というわけにはいきません。
 例えば結婚の別れ。三つ指をついて、「お父さん、お母さん、長い間・・・」と言われますと、娘が惚れた相手でも、玉の輿でも、これで本当に幸せになったのだと納得していても、親の寂しさが消えるわけではありますまい。
 どうぞ、涙を流してください。涙はこういうときのために神さまが造っておいてくださったのです。しかし、寂しさ、というものは時間が経つにつれて薄れるものです。むしろそのとき、「私は薄情なんやわ」と自分を責めるのではないか。そのほうが心配です。
 けれども、<別れ>はいつも、それまで経験してきた小さな<別れ>がそうでありましたように、<新しい出発>です。召された方は主の愛のうちに安息に入られました。しかし、残されたあなたにも、新しい恵みの人生が用意されているのです。どうぞ主が、あなたのために特別に用意された生涯へ、あなたのために心配りしてくださった主の愛へ、涙の目を注ぎ、寂しさの心を向けてください。
 私たちだけが泣いているのではなくて、別れた向こうの側でも泣いているのです。こちら側で新しい生活に歩みだせば、向こうの側でも涙を拭って、主の御手の中に、平安の中に安らいでくれるに違いありません。

↑PAGE TOP