トップページキリスト教QandA日常生活編 > Q20:焼香の是非

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

日常生活編

Q20:焼香の是非

焼香は、死者の臭いを消すために焚くものだ、と聞いたことがあります。あとに残された家族、親族への慰めの気持ちを表わしたいのですが。「焼香しなかった、という勝利の証し」は、自分だけを大事にしているように思えるのですが。

焼香は、仏を礼拝する形式の一つです。「香は仏使なり」、また「香は信心の使いなり」と言われています。香を火に焼くときに、一度は一心を表わし、二度は弥陀・釈迦二尊への、あるいは現世と来世への祈りのために、三度は三世諸仏、または三宝供養のため、と言います。そして焼香は、六種供物の中の一つで、精進を表わします。お悔やみのお金に、「香奠」と書きますと「香を供える」意味になり、「香典」と書きますと(典は「おぎのる」と訓じて、買い取るの意味ですから)「香奠の代わりに供える代金」という意味になります。  ここまでこだわるなら、キリスト教は「香典」と書かずに「お花料」と書くと言われていますが、この「供花」も六種供物の中の一つです。忍辱(にんにく)を表わし、心を柔軟にすることを意味します。この「供花」の代金を意味しているのが「お花料」ということになります。ちなみに六種供物とは仏に近づく六種の修業を表わす供物のことで、前述の他に、供水、塗香、供飲食、供燈明、となっています。  さて遺族への慰めの気持ちの表わし方ですが、遺族が、どうしても焼香してほしい、と言われたら焼香したらよいでしょう。でもそこまで親しい間柄なら、「私の信仰で故人を記念させていただきます」と申し上げたほうが、お互い楽ではないかと思います。現に創価学会の方などそのようにしておられるようですので、けっして難しいことではありますまい。神社の前で拍手を打たなかったからといって、「須磨だ、明石だ」と言って騒ぐことではないでしょう。

↑PAGE TOP