トップページキリスト教QandA日常生活編 > Q4:聖書の読み方

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

日常生活編

Q4:聖書の読み方

 預言書や黙示録など、まるで四次元の物語と思えてきます。そこから霊的な糧を得るどころか、内容を理解することさえ困難です。こういう箇所は読み飛ばしておいてもいいのでしょうか。あるいは、読み解く術があるのでしょうか。

 聖書をなぜ読むのか。聖書は神さまが私たちに向かって語られた言葉だからです。神さまの言葉を理解して、霊的な糧を得るためです。
 確かに、聖書には耳慣れない表現や異なる文化的背景の出来事も書いてあります。ですから私たちがいきなり読むと、初めは混乱するかも知れません。もし聖書を読むのなら、理解できるところだけを読むか、理解するために、注解書や手引書を用いてきちんと読むことを勧めます。
 まず、面白いところだけを読む、これは良い読書法です。よくわかりますし、印象にも残ります。信仰の初歩の方にはぜひお勧めしたいやり方です。また、こうして信仰の初期にしっかり聖書の面白いところだけでも読むことは、信仰生活の基礎作りとして非常に大切です。
 そして、少し信仰が進んでまいりますと、良い手引書を手元において読むことをお勧めします。この手引書にも初級から免許皆伝まであります。そしてそれなりに難しいところ、必要のないところは避けて読むようにしてありますから安心です。
 それとは別に、通読のためにも読んでください。これは初めから終わりまで、読むということを目的として読むことです。わかってもわからなくてもひたすらに、ただ読むことです。こうして読んだものは、面白い、理解できた、とは別に、心のどこかに残るものです。そしてそれが何かの拍子に、ふっと心の中に湧いてきて、私たちの人生を変えてくれることもあるのです。
 聖書は、今日のため、そして明日のために読む、と覚えてください。

↑PAGE TOP