トップページキリスト教QandA日常生活編 > Q1:デボーション

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

日常生活編

Q1:デボーション

 デボーションって、何ですか。具体的にはどうすることでしょうか。単に聖書を読んで祈るだけではないと、ある人に言われたのですが。

 黙想、つまり黙って考えることを言います。昔流に言えば「沈思黙想の時」とでも言いますか。一般的には聖書を読んで、賛美して、お祈りして、いわゆる個人的礼拝を指すように言われており、もちろんそれを意味していることには違いありません。しかし、もっと静かな時間を意味するように思います。この時間の目的は、神さまに礼拝を押しつけるのではなく、神さまと交わることに重点が置かれるべきだと思うからです。
 昔、流行した歌に、「黙っていてもいいんだよ」というのがありました。2人が黙って座っている。でも2人の間に熱い感情が流れている。共に過ごしてきた日々に思いを馳せると、ただ感謝のみ。これからも肩寄せあい、支えあって生きていこう。
 こんな思いが神さまとの間によぎるのが、デボーションの時です。
 私が若いとき、カトリック関係の本で『沈黙の祈り』というのを読んでひどく感激したことがあります。お祈りというのはこちらからしゃべらなくてはいけないのか思っていましたが、神さまの方からしゃべりかけてくださるのを聞くのもお祈りだと教えられて、すっかり気に入ってしまったのです。
 以来、「沈黙の祈り」が私のデボーションとなりました。こちらから言葉を出さず、心の中で過ぎた日々のことを思い起こすと感謝があふれてきます。今日のこと、これからのことに思いをめぐらすと、イエスさまと一緒という心強さがグーンと沸いてくるのです。
そこから「今日もよろしく」といって立ち上がりましょう。

↑PAGE TOP