トップページキリスト教QandA日常生活編 > Q15:離婚と再婚

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

日常生活編

Q15:離婚と再婚

 私は離婚経験者です。このたび、同じ境遇の方と再婚するように導かれました。でも、「離婚者の再婚はいけない」と言う人がいます。本当ですか。

 聖書には、離婚してはいけない、離婚しているなら再婚するな、と書いてあります(Iコリント人への手紙第1 7章10〜11節)。もし、聖書を額面どおりに守ろうとすれば、この言葉どおりにしなければなりません。
 現代は非常に離婚が増えています。これを道徳的堕落と見るか、個人の意識が進んできた結果と見るか、見方はいろいろでしょうが、この離婚増加の陰で、再婚が非常に増えていることを指摘しておかねばならないようです。日本の統計では届け出がなされた再婚は、婚姻届の20パーセントを占めています。届け出のない、いわゆる内縁関係を含めますと、結婚人口の相当の部分を占めているものと思われます。
 さて、再婚は配偶者との死別を経験された方の比率が高いものと、つい思ってしまいがちです。しかし、実は届け出によれば、それは再婚者の一割に過ぎず、9割までが生別者、すなわち、離婚経験者なのです。彼らは、いやな言い方ですが、結婚に失敗しました。しかし、結婚そのものには絶望しませんでした。良い配偶者に巡り合えなかったのだ、と考えたのです。
 聖書は確かに人間の、男女の「あるべき姿」(創世記2章24節)を示しています。私たちはそれに向かって努力することを求められています。何かの縁を感じて結ばれた男女、二人はこの努力をするべきです。安易な離婚は許されません。しかし、二人を隔てる溝を、祈りのうちにあっても埋めることができなかったときは、身を引いて、再挑戦の機会を持つことも、主の憐れみによって許されるのではないでしょうか。
 今度こそ、主の期待に応える結婚生活を築いてください。

↑PAGE TOP