トップページキリスト教QandA聖書・教理編 > Q1:感動が薄れた

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

聖書・教理編

Q1:感動が薄れた

 洗礼を受けたときは、とても大きな感動があったのですが、最近は感動が薄れています。ときどき、本当に自分は救われているのだろうかと、疑ってしまうこともあります。救われているのを証明するものが何かないでしょうか。

何もありません。これじゃ回答になりませんね。
 イエスさまがトマスに「見ずに信じる者は幸いです」(ヨハネ20・29)と言われましたが、この「見る」というのは目で見ることだけでなく、五感で感じることすべてを言っているのです。だからトマスに「さわってみよ」と言われたのです。
 これは五感を基礎に信仰を判断してはいけない、と教えられたことなのです。
 現代は何でもかんでも、「感じ」ることがいちばん大切な時代です。自分の感性を尊重するのはよいことですが、相手のすることまで自分の「フィーリング」で決めてしまうのはおかしな話です。救いは、私たちが感じたから成就したのではなく、向こう側で、イエスさまの側で成就したのです。
 しかし、五感を超えての証明という話なら、ないわけではありません。
 私は最近不思議に思うのです。クリスチャンになる前、困ったときや悲しいときに、私はどうしていたのか思い出せないのです。いまならすぐに祈ります。この、いまの生活から祈りを取り去る、そんな生活があったことが、不思議なのです。
 使徒パウロは、「イエスを呪え」と言われても、どうしても呪うことができない、それは御霊が働いておられるからだ、と言いました。(Iコリント12・3)
 私たちにいま、「祈るな。祈ることを禁じる」と言われたとしても、私たちは祈ってしまう。言葉にしなくても、手を組まなくても、祈ってしまう。祈りのない生活なんて考えられません。これが救われている証明なのだ、と思うのです。

↑PAGE TOP