トップページキリスト教QandA聖書・教理編 > Q8:罪のゆるしとつぐない

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

聖書・教理編

Q8:罪のゆるしとつぐない

 私はかつて大きな罪を犯しました。イエス様を信じることによって、神さまにその罪をゆるされたことはわかりました。では、罪の償い(つぐない)はどうなるのでしょうか。

 神さまのほうでは私たちの罪を忘れてくださいます。しかし、私たちのほうでは忘れることができません。特に、人間関係においては。しばしば、そのことによって引き起こされるもつれで、大変な困難に巻き込まれることがあるからです。
 「バター・アンド・トースト」という諺をご存知ですか。お礼の言い方、とでも訳せるもので、トーストが熱いうちは少量のバターで済みますが、時間が経つにつれてトーストが冷えてくるとバターの使用量も増やさざるを得なくなります。お礼も同じで、すぐなら、電話一本、ハガキ一枚で済むものが、時間が経てば、名産の宅配便や巻紙に毛筆のお礼状を、ということになるかもしれません。
 一つの罪の結果は、時間とともに幾何級数的に広がります。しかも多くの善意の人たちを巻き込むのです(たとえは悪いかもしれませんが、不倫で妊娠したとすれば、生まれてくる子に罪はないとは言っても、その子の生涯とその子の将来に関わる多くの人たちにどんなに大きな悔恨を残すことか)。
 ですから、結果のすべてに対応しうるのは難しいかもしれませんが、悔い改めを形に現すものとして、誠意をもって対処しなければなりません。罪は神さまと私との間だけのこと、として理解され、処理されるのは恐ろしいことです。今日の複雑な社会の仕組みの中では、(罪に大、小はないのですが)どんな小さな罪に対しても迅速な対応(悔い改め)が要求されます。
 神さまに告白してその罪を赦された、ということは、その対応への励ましであり、導きである、と受け止めて、勇気をもって(誠意とともに)償いに当たってください。

↑PAGE TOP