トップページキリスト教QandA聖書・教理編 > Q9:きよめの意味

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

聖書・教理編

Q9:きよめの意味

 「きよめ」という言葉をときどき耳にしますが、どういう意味でしょうか。「きよめられた状態」は、どうやったらわかるのでしょうか。

 「きよめ」というのは、「罪のなくなった状態」「聖霊に満たされた状態」「聖霊に自我を明け渡した状態」などと表現されます。教派によって少しずつニュアンスが違いますから、あなたの教会ではどう考えているのか、牧師に聞いてみることです。
 昔、「リーダーズダイジェスト」という雑誌がありました。「至言」というページがありまして、なかなかいい言葉が載せられていました。私が少年の頃の、その一つがいまの私の心を律してくれています。それは、
 「[自分は謙遜だ]と思った時ほど傲慢になっている時はない」
 という言葉です。だれの言葉であったか、確かに氏名は書いてあったのですが覚えていません。
 きつねが虎の皮をかぶって歩いたら、みんなが恐れた、というお話をご存じでしょう。あれ以来、虎の皮をかぶって歩くことが流行したのだそうです。ついには虎自身まで「俺の皮をかぶってみたい」と思うほどだったとか。でもすぐに本物か、偽者かの区別をつける方法が発見されました。簡単なことです。足跡を見ればわかるのです。きつねが歩けはきつねの足跡、虎の皮をかぶっても、足跡は、変えられません。
 「きよめ」については、教派で、あるいは神学で、いろいろ違ったことを聞くかもしれませんが、あなたの生涯を決めるのは主です。私たちに与えられているのは、黙々と現時点を主に従って歩み、「主を愛し、隣人を愛する」(マルコ12:33)生活をすることです。

↑PAGE TOP