トップページキリスト教QandA聖書・教理編 > Q2:三位一体(さんみいったい)の神

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

聖書・教理編

Q2:三位一体(さんみいったい)の神

 三位一体をわかるように説明してください。この教理は後世になって作られたので聖書にはない、と聞きましたが本当ですか。

 三位一体とは、神さまを、「父」「子」「聖霊」の三つのペルソナ(独立した人格)を持ちつつ一つの存在である、と理解することです。
 この教理は大体ニカイア会議(325年)の頃に成立したようです。しかし今でも、その理解のための研究が続けられています。後世になって、と言えるかどうかわかりませんが、教会成立後300年ほど後にまとめられた思想であることは事実です。しかしそれは、人間の思弁がようやく追いついた、と言うべきであって、神さまの存在を人間の言葉で理解できるようになったということです。
 夫婦になるのは、結婚したときです。しかし、夫婦の味と言いますか、これが夫婦というものだと言えるのには、20年も30年も経たなければならないでしょう。
 使徒パウロも、理解を超える(ローマ人への手紙 11章33節)ものだ、と書いています。
 聖書の中に、三位の、それぞれの存在と特有の働きが記されています。問題は彼らの相互の関係なのですが、「神は霊です」(ヨハネによる福音書 4章24節)とあるので、私たちのように物質的肉体を持っておられません。ですから当然、3つのペルソナが融合したような形で「神さま」なる存在を形作っているものと思われます。
 また、「神は愛です」(ヨハネの第1の手紙 4章16節)ともあります。愛は、異質なものがお互いを受け入れる働き、だと言われています。神さまご自身の中でそのようなメカニズムが働いているので、神さまは「愛」として存在でき、また、私たちに対して「愛」として働きかけることができるのでしょう。

↑PAGE TOP