トップページキリスト教QandA聖書・教理編 > Q16:サタンの存在

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

聖書・教理編

Q16:サタンの存在

 サタンはどんな感じで私に関わってくるのでしょうか。また、神さまはなぜ、サタンの存在を許しているのでしょうか。

 サタンはいる、と言うより、いなければならない、とされた存在です。この世界を支配している「もう一つの力」を私たちは感じます。この、神を排除する力、諸悪の根源をサタンと呼ぶことにしたのです。
 サタンは人間の中に働いている、と言われます(ヤコブの手紙 4章1節)。人間の自己中心性(罪=神を拒否する性質)は、サタンに支配されている結果です。しかし私たちが神さまに従おうと決心するとき、サタンは私たちを支配することはできなくなってしまいます。だから聖書はいまの私たちの心の葛藤を、サタンとの戦いとして描くのです(ペテロの手紙 第1、5章8節)。
 神さまは、なぜ私たちの中に、サタンと呼ばれるような存在を許しておられるのでしょうか。それは人間が罪を犯すことができる存在として、すなわち完全な自由を持つものとして創造されたからだ、と説明しています。神さまは、自由なる意思を持つ者と交わりをするために人間を創造されたのです。しかし人間は、その自由を用いて自分を神にしようとしました。
 「自分を神にしようとした」というところから「堕落天使」の物語が生まれてきました。しかし神さまの造られた本当の天使は、「仕える霊」(ヘブル人への手紙 1章14節)であって、天に在るだけではなく、この地にも来て、私たち弱い者、小さい者と共にいてくださいます(マタイによる福音書 18章10節)。
 この天使に見守られながら、私たちは「神さまに従い、隣人を愛する」生活を営んでいくように導かれています。

↑PAGE TOP