トップページキリスト教QandA聖書・教理編 > Q20:一夫一婦制

キリスト教QandA QandA

故大江寛人牧師著、「そこんとこよろしく」を全掲載

教会生活編
Q1:洗礼の意味と意義
Q2:洗礼による差別
Q3:日曜礼拝の根拠
Q4:1人で礼拝がしたい
Q5:日曜出勤になった
Q6:日曜日のクラブ活動
Q7:他教会の礼拝に出席
Q8:説教がわからない
Q9:牧師につまずいた
Q10:献金は義務か
Q11:聖餐式の意義
Q12:劇的な救いの証
Q13:賜物と才能の違い
Q14:奉仕と競争意識
Q15:奉仕が重荷に
Q16:代表の祈りがイヤ
日常生活編
Q1:デボーション
Q2:臨在は感じるものか
Q3:なぜ祈るのか
Q4:聖書の読み方
Q5:愛せない思い
Q6:悪習慣がある
Q7:献身(けんしん)したい
Q8:女性の献身
Q9:献身って何
Q10:証し(あかし)になる
Q11:運命の赤い糸
Q12:未信者との結婚
Q13:職場の人を好きに
Q14:過去の告白
Q15:離婚と再婚
Q16:独身主義
Q17:望まない子を
Q18:病気と神のみこころ
Q19:障がいと神の目的
Q20:焼香の是非
Q21:嫁の立場と仏壇
Q22:別離の寂しさ
Q23:仕事の善し悪し
Q24:趣味の問題
Q25:召しとは
聖書・教理編
Q1:感動が薄れた
Q2:三位一体(さんみいったい)の神
Q3:二種類のクリスチャン
Q4:御国を受け継ぐ
Q5:聖霊に満たされる
Q6:悔い改め
Q7:罪の告白
Q8:罪のゆるしとつぐない
Q9:きよめの意味
Q10:終末に生きる
Q11:新約時代と十戒
Q12:委ねるとは
Q13:みこころ(御心)
Q14:教えの実践
Q15:山上の教え
Q16:サタンの存在
Q17:いつも喜んでいる
Q18:罪意識が増した
Q19:戦争と神の愛
Q20:一夫一婦制
Q21:福音を聞かずに・・・
Q22:どれが本当の聖書?

聖書・教理編

Q20:一夫一婦制

 ダビデやソロモンに関する個所を読むと、彼らが多くの妻を持っている記述が出てきます。これは「男は妻と結び合い、ふたりは一体となる」という創世記の結婚観と矛盾するもの、つまり罪ではないでしょうか。

 「一夫一婦制」は人類が長い歴史の中で練り上げてきた制度で、究極の人間存在の形として完成されたものです。その原形はおっしゃるとおり、創世記の人間創造の記事に出てきます。しかしこれは、最初から制度として律法的に理解されたものではありません。もしこれが律法であったなら、重婚の罪よりも独身や単身の(結婚をしない)罪のほうが問題になったことでしょう。
 結婚でいちばん重要視されたのが、「ふたりの一体感」でした。ふたりの間には何者も侵入できない、ふたりの意志はふたりの合意のみによる、という夫婦関係がここで提示されたのです。それがお互いに誠実であるようにという要求になりました。
 イスラムでは複数の妻を持つことが許されていますが、どの妻をも平等に扱うことを義務づけています。誠実であることを、平等という形式で表わしたのです。
 ダビデやソロモンがどのような生活をしていたか、知ることはできません。たぶん多くの妻を持っても、それぞれに一体感のある家庭(?)を作っていたのでしょう。彼らがそれぞれの妻に誠実に対処していたことは、それらの妻の自由を(異教の神に対する礼拝の自由までも)認めていたことからも推測できます。
 この誠実さは、始めは男性の側から理解されたものだけでした。やがて女性の側から男性に求めるものとして、一人の女に一人の男を、という形式に落ち着きました。ここに一夫一婦の制度として、ようやく創世記の結婚観が成就したのです。
 旧約の人物たちがその時代その時代の光の中で、つまずきながらも精一杯、御言葉(みことば)に誠実であろうとしたことを、認めてやろうではありませんか。

↑PAGE TOP